あなたの髪きれいね、私に10ユーロで売らない?2013年04月23日 20時47分40秒

<大人の階段をまたひとつ登りました>
今日は私の誕生日でした。いゃ「52才から53才へと大人の階段をひとつ登るだけですよ」と言いながらも皆さんからおめでとうのメールやメッセージをいただくのはうれしいことですよね。こうやって無事にまた1年を過ごせるのも、家族や友人、仕事でお世話になっている皆さんのおかげですね。いつも本当にありがとうございます。

<ちょっと心配しながら>
さて、今日はそんな頑張っている自分へのごほうびとして(えっ!自分にごほうびあげ過ぎじゃない?というツッコミは無視して・・・)ミュージカルを観てきました。今日は5月3日に初日を迎える「レ・ミゼラブル」のプレビュー公演の初日です。
レミゼは私にとって、20年間の間に一番たくさん観ている大好きなミュージカルです。日本だけではなくロンドン公演やブリスベン(オーストラリア)公演も観ているんですよ。新演出、新キャストで生まれ変わったレミゼは楽しみな半面、このミュージカルが好きすぎて逆に観たら後悔しそうという思いもありました。

<まさかね!>
劇中にこんなシーンがあります。貧しいファンテーヌ(コゼットのお母さん)が町で自分のアクセサリーを売ろうとしますが、なかなか買ってもらえません。するとひとり女が近づいてきて「あなたのその美しい髪なら10フランで買ってあげてもいいけど」と言ってくるのです。さて、皆さんもご存じのように現在ヨーロッパの通貨はユーロになり、フランスでもフランは使っていません。もしかしたら劇中のセリフも「10フラン」から「10ユーロで」と書き変えてあったら興ざめだなぁ(まさか!)などと心配しながら有楽町の帝国劇場へ。
0423レ・ミゼラブル

<豪華な顔触れ>
さて、本公演はこれからなのであまり多くは書きません。ただ、大きな変更はないものの、新演出は現代に合わせてパワーアップしています。特に戦闘のシーンなどは迫力が増しましたねぇ。
本日の出演者も豪華でした。
バルジャン=キム・ジュンヒョン 存在感のある主役
ファンテーヌ=知念里奈 泣かされました!
エポニーヌ=笹本玲菜 圧倒的な歌唱力♪

テナルディエ夫人=森公美子 圧倒的なバスト!
ガブローシュ=加藤清史郎 歌も演技も光っていました

4~7月は東京、8月9月10月は福岡、大阪、名古屋と四大都市を廻ります。皆さんも機会がありましたらぜひご覧になってくださいね。

コメント

_ 釈千手 ― 2013年04月24日 19時49分35秒

自分用メモ
第一幕
囚人2「イエスさま オレは無実」←声が良い 仮釈放 泉の水を飲むシーン ファンテーヌに対する罵声 工場 机を横一列に並べて 工場長「昼は操高く 夜は・・・」 馬車の暴走 悲鳴が低い? 名乗れば牢獄 黙っていても地獄 裁判所の風景 曲のアレンジ 宿屋のセット 二人目の目の不自由な客からくつを巻き上げるシーン
欠落者!←新しいセリフ? 「この子は」「コゼットは」 ハープのアレンジ ガブローシュ「笑っちゃうね」 学生「いいかげんにしろマリウス」
第二幕
坊や 相手になるぞ 愛で治せるならば ソダテル このスパイジャベールを(者を?) グランテールの疑問「死など無駄じゃないのか?偽りじゃないのか?」 ガブローシュ「見てろよ 子犬もでかく・・・」バリケードは回転しない Bring Him Home オーボエ 市民の勤めよ 杖 エンプティチェア ギター おかまか? ユダヤ人か? 主よこの子らに愛と恵みを パパは聖者(アレンジ)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック