そんなことってあるのかなぁ(GW7日目/16日間)2015年05月01日 20時39分32秒

パトリック・モディアノ著「パリ環状通り」(講談社刊)を読みました。
モディアノの作品の舞台はいつも、ドイツ占領下にあるフランスです。何となく毎日が曇り空のような時代の閉塞感がありますねぇ。

0428パリ環状通り

冒頭で一葉の古い記念写真について描写があり、それがラストへと見事に結びついていきます。ただ、10年降りに出会った父親が、自分を息子だと気がつかないままに話しが進行していくのですが、そんなことってあり得るでしょうかね。月日が経っても顔つきや声で自分の息子だとわかるのでは?と疑問に思いました。

ところでこの本は、装丁がとっても良いのですが、今の新しい版ではガラッとデザインが変わっています。最近はいろいろな本の装丁が新しくなっていて、例えば三島由紀夫の金閣寺などは新しい装丁の本が欲しくなってしまうほどですが、この「パリ環状通り」は古いデザインの方が良いなぁ!ちなみに1975年の初版本で、装丁は風間完です。
これからもモディアノの本を読み続けていきたいと思っています。

こいのぼり(GW8日目/16日間)2015年05月02日 21時26分38秒

今日から5月6日まで5連休という方も多いことでしょう。
私は今日は手話教室での指導でした。
机の上には見慣れない機械が・・・スタッフに訊くと新しいOHC(書画カメラ)だそうです。OHCとは書いた文字をカメラで撮り、それをスクリーンに映し出すため装置のことです。それにしてもずいぶんコンパクトになりましたねぇ。まるで電気スタンドみたいではないですか!スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。

0502オーエイチシー

手話教室は入門クラスなので、「わかる」、「わからない」、「できる」など基本的な表現を練習しました。ひとりの生徒さんが今度子供会で「こいのぼり」の歌を手話でやるので見て欲しいと頼まれました。それを皆さんと一緒に練習しました。
やねよ~り、た~か~い、こいの~ぼ~り
とっても楽しいひとときでしたよ。Kさん、発表がんばってくださいね。

帰りに私がバス停でバスを待っていると、一台の車が止まりクラクションを数回鳴らします。しかし、その車の前には何も停まっていません。何だろう?と思って見ると車の中から人が私に向かって手を振っています。なんと手話教室の生徒さんがバス停で待っている私を見つけて「乗りませんか?」とクラクションを鳴らしてくれていたのです。ありがたく駅まで乗せてもらいました。
それにしても東京に住んでいるとこういう経験ってまずありませんよね。(地方ではよくあることなんでしょうか?)ビックリしましたが、とってもうれしい出来事でした。Aさん、今日は駅まで送っていただきありがとうございました。

前回までのあらすじ(GW9日間/16日間)2015年05月03日 16時17分41秒

今日は日本橋へ講談を聴きに行って来ました。この会は朝9時20分に始まるので「朝練」と呼ばれているんですよ(笑)。
今日は55人と満席。その話しの後も数人が入ってきます。結局60人ぐらいになったのではないでしょうか?朝練がこんなに人気があるなんてうれしいですね。

0503寛永宮本武蔵伝

寛永宮本武蔵伝「闇討ち」神田松之丞
今日は五日連続公演の二日目です。初日いなかった人(私もその内のひとりです)のために、再度昨日までのあらすじを解説してくれました。松之丞さん優しい~。宮本伝には寛永版と天承版の2つがあり、神田と名の付く講談師はみな「寛永版」をやるのだそうです。
ひきょうものと言われて腹を切る・・・それなら勝負したいですね。辻番の「じいさん、平和が好きですから」には爆笑。沢田杢座右衛門は眼龍に代わって江戸へ来ます。史実ではないにしてもありうる設定ですよね。
「狼退治」
松之丞さん、「昨日は第1話と第2話を続けてやり疲れました。今日は第3話と第4話の間でちょっと下がって水を飲ませていただきます」と一度舞台を降りました。その方が絶対に良いと思います。「徒(かち)」とは「徒歩」のこと。なるほど「御徒町」のかちですね。カゴ屋を襲ったオオカミ。一歩下がって飛びかかってくるのを「チョロQみたい」とはさすが!楽しい表現ですね。武蔵を救ったのは「あの関口弥太郎!」といわれても、どの弥太郎?家に帰って早速調べてみました。江戸時代にあって90才まで生きた人だったんですねぇ!

映画の後で(GW10日目/16日間)2015年05月04日 20時57分58秒

話題の映画「ザ・トライブ」を観てきました。
この映画は、全編手話だけ、音声も字幕も一切ありません

0504ザ・トライブ

現在公開中の映画ですから詳細は書きません。ただ、人間の精神は二重構造になっていて、うれしいとか悲しいという表面的なもの下には、愛、憎しみ、エゴ、憎悪などの感情が流れているのではないかと思います。この映画ではその人間の根底に流れているものを描いているために、かなり厳しい表現になっています。

映画が終わった後、みんなで感想を語り合いました。同じシーンでも見方、受け止め方が違いますね。女性と男性、ろう者と健聴者、30代と50代・・・いろいろな意見が飛び交いました。映画そのものよりもそっちの方が楽しかったかな?
また、映画を観に行きましょうね。皆さん、今日はありがとう。

トンビかワシか?(GW11日目/16日間)2015年05月05日 19時25分35秒

今日は友人3家族で江ノ島へ行きBBQを楽しみました。
本当は4家族の予定だったのですが、Mさんご夫婦は家の都合により直前でのキャンセルになってしまいました。残念!

0505江ノ島でBBQ!

<岐阜球場>
話しの中で、今まで行ったことのある野球場でどこが一番良かった?という話題で盛り上がりました。神宮球場とかグリーンスタジアム神戸などの名前が出たのですが、Uさんが「谷さんは昔、今までで一番良かったのは岐阜球場だと言っていたのを覚えている」と言います。すると妻が「えっ?いつ岐阜に行ったの?私聞いていな~い!」と言います。実は私も全く覚えていないのですが、Uさんの記憶力は確かなので間違いではないでしょう?恐らく、試合は観ていないけれど、仕事で岐阜に行ったときに現地の人に案内してもらったのかもしれませんね。ちょっと汗をかきました(笑)。

<今のはワシ!>
江ノ島といえばトンビが有名です。ピーヒョロロと鳴きながら上空を何羽も旋回しています。するとKちゃんが「あっ、今ワシがいた」と言います。えっ?ワシ?ちょっと待って。まさか江ノ島にワシはいないでしょ?せいぜいいたとしてもタカでは?とみんなが言ったのですが、本人は絶対に譲りません。他のトンビより大型で、羽根の感じも違っていたと言います。私たちが否定したとしても実際にワシとタカとトンビを区別できる人はいないので、結局その一羽は私たちの中ではワシということになりました(笑)。

<元が取れたのは>
さて、BBQは2時間制で飲み放題(飲み放題は1.5時間)です。確かに美味しくてボリュームもあるのですが、BBQだけで5000円というのはちょっと高いかもしれませんね。ただ、メンバーは、私以外みんなお酒が強く4~5杯はお酒を飲んでいました。結局みんなは元が取れていたと思います。元が取れなかったのは私だけだったかも?それでも仲間と楽しいひとときを過ごすことができました、それはPRISE LESSですよね!

あなたたちの喋っているのは何語か?(GW12日目/16日間)2015年05月06日 20時41分55秒

今日は鉄ちゃん鉄女たちがHさんの家に集いました。
ジオラマでご自慢の鉄道模型を運転したり、交流したりするオタク的な会です(笑)。この運転会はある意味GWの恒例の行事となりましたね!

0506コントローラー

それにしても山手線E235系とか、九州の47系などの専門用語が飛び交う会話に私は全く付いていけませ~ん。

0506ロープウェイ

内容も毎回同じではありません。毎年少しずつ改良されていきます。今回はこのロープウェイが追加されたことが一番の変化だったでしょう。

0506ジオラマ

それにしても私たちを楽しませてくれるため、毎年GW期間中このジオラマを準備してくだるHさん、そしてお料理でおもてなしをしてくださる奥さまには感謝感謝です。今年もすばらしい芸術作品を見せていただき本当にありがとうございました。

うれしい悲鳴(GW13日目/16日間)2015年05月07日 19時52分54秒

5連休も終わり、今日から仕事という人も多いのではないでしょうか?私も今日から仕事を再開しましたよ。

連休に入る前に、手話教室のスタッフから電話がありました。「受講生の20名を越えたため、もう『コの字型』の配置では全員が入れなくなってしまいました。来週から講義形式に変更してもよろしいですか?」という内容でした。
手話はお互いの顔を見てコミュニケートするものなので、私は基本的には「コ』または『ロの字型』の配置が好きなのですが、全員が入れないとなれば仕方がないことですね。今日から机の並びを変えました。このクラス、スタートしたときには4人だったのでうれしい悲鳴ですね。

0507教室

受講生の皆さん、いつもありがとうございます。
新しい教室のレイアウトはいかがだったでしょうか?これからもよろしくお願いいたします!