維持していくのも大変でしょうが2017年03月05日 22時32分17秒

神戸から「みらいへ」という帆船が横浜に来ていると聞き見に行きました。私は午後3時から乗船予約をしていたのですが、実際に船に乗ってしまうと走っている姿は見えませんよね。そこで、お昼前に大桟橋へ行き一番海側のところで待ちぶせをしていました。みらいへがどこを通るかは知りませんでしたが、たぶんみなとみらいから大桟橋の前を通り、ベイブリッジ方面へ行くだろうと予想していました。まさに予想は大的中!その通りの航路を進んでくれたので帆船が走っている勇姿が見られましたましたよ。

0305帆船みらいへ

さて、午後はいよいよ乗船です。大桟橋から赤レンガの前を通り乗船場へ向かいました。
この帆船はもともと大阪府が海洋訓練用に20年ほど所有していました。その時の名前は「あこがれ」。ところが橋下府知事時代に「こんな無駄なものは売却しろ」となり、その後の入札にかけられました。そして神戸の団体が3200万円で落札したのです。現在は「みらいへ」と名前を変えて学生や社会人の研修船として使われています。

0302海へ

今日は横浜港内をただ走らせるだけではなく、号令に合わせてみんなで帆を張ったり、ロープワークの練習等もしました。

0305ロープワーク

現在この船を維持・管理するために経済的に大変だそうですが、是非今後も活動を続けていって欲しいと思いました。微力ではありますが私も引き継ぎ応援していきたいと思っています。
みらいへのクルーの皆さん、今日は楽しい時間を本当にありがとうございました。横浜に着か寄港の際には、また乗らせていただきたいと思っています。