それはグッドアイディア!2017年12月06日 22時05分49秒

ヨガ教室から帰ってきた妻が、「今日はオンテナの体験をしてきた」と言います。
オンテナとは小型の髪飾りのようなもので、リモコンのボタンを押すとその機械が震動するのだそうです。
ヨガで大切なのは呼吸ですね。通常なら目を閉じたまま息を吸ったり吐いたりできますが、耳の聞こえない人は目を閉じた瞬間にもう呼吸の指示がわからなくなってしまいますが、これがあれば安心ですね。

20171206オンテナ

話を聞いていて思ったのですが、これっていろいろなことに応用できそうですよね。例えばレントゲン写真を撮る時に技師から呼吸の合図を送ったり、ダンスをする人にリズムを伝えたりと(もしかしたら既に使われているのかもしれませんが)
このような便利グッズがこれからますます広がって欲しいなと思いました。

コメント

_ 通りすがりの受講生 ― 2017年12月08日 02時48分57秒

もしかしたら・・・使われているんですよ、先生!光を発する装置もあって、目でもリズムを感じることが出来るのです。さすが谷先生です。
週間こども手話ニュースで知ったのですが、オンテナは、富士通の若き研究者、本多達也さんが発明、実用化に向け研究、開発を続けてこられたものです。
聴こえない子供たちの太鼓の練習に使っていました。先生が離れた所でリズムを刻むと、子供たちは、目と髪で、リズムをとらえられるのです。格段にテンポを合せ易くなっている様子がよく分かりました。
本多さんが、より良いものにするために、先生を通して、子供たちに協力を仰いだのです。
有難うを言い合う本多さんと子供たち。双方の笑顔がはじけていました。
なんて素晴らしい研究だろう、と思いました。こんなに早く実用化されていたんですね。
重さや形状にも拘って、手話の邪魔にならない、今の形に行き着いたそうです。←腕や身体のどこかでなく→髪だ!と。
聴こえない知人の、
髪って風を感じる、という言葉がヒントになったとか言ってたような・・・

_ あわてものパート2。 ― 2017年12月08日 03時07分36秒

手話ニュースではなく、
「ろうを生きる、難聴を生きる」 の間違いでした。度々、お邪魔しました。

_ 釈千手 ― 2017年12月12日 08時57分59秒

通りすがりの受講生さん、コメントをありがとうございます。そうでしたか!?オンテナは既に実用化に向けていろいろな場面で使われているのですね。情報をありがとうございました\(^^)/

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック