静けさの中の笑顔2018年01月03日 21時14分18秒

お正月休みに友人が書いた本を読みました。

20180103静けさの中の笑顔

小学生の時に先生の唇の動きを読み取る訓練がありましたが、補聴器を付けて音が聞こえると眼球が揺れてしまい唇の動きがわかりません。しかし、補聴器を外すと先生に叱られます。そこで電池を外して補聴器を付けていたという体験談。
会社である耳の聞こえない男性が上司に「(みんなが残業しているの一人だけ先に帰るなんて)よくできるな」と非難されたのに、「あなたは仕事がよくできる」と褒められたのだと誤解したエピソードなどが印象に残りました。
耳の聞こえない人についてもう一段理解を深めるために是非読んで欲しい一冊です。

20180103静けさの中の笑顔

「静けさの中の笑顔」石塚由美子著 星湖舎1300円+税

コメント

_ スマイル ― 2018年01月03日 22時47分54秒

釈先生 新年おめでとうございます。さてこの本、スマイルも読みたいと思いました。いまも入手可能なのでしょうか? 末筆になりましたが今年もどうかよろしくお願いいたします!

_ レフア ― 2018年01月04日 12時19分06秒

明けましておめでとう御ざいます。\(^^)/
今年もよろしくお願い致します。
今年は戌年、皆さんワンダフルになると良いです。

〔静けさの中の笑顔〕
直接、星湖舎にお願いしたところ昨日送られて来ました。
これから読もうと思います。(*_*)

_ 釈千手 ― 2018年01月05日 09時50分53秒

スマイルさん、年賀状では大変嬉しい報告をありがとうございました。
さてこの本ですが普通に書店等に注文して購入することができると思います。ただ、もし手に入らないようでしたらご連絡ください。石塚さんの手元にも在庫があると思いますので。

_ 釈千手 ― 2018年01月05日 09時58分12秒

レフアさん、早速ありがとうございます。
今度ぜひ感想をお聞かせくださいね。
楽しみにしています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック