100時間の夜2020年04月04日 20時23分20秒

オランダからニューヨークに家出してきたエミリアは14才。メトロポリタン美術館でアメリカ人のおばさんから「ジャマイカでは国土の半分が停電し、ハイチでは大勢の人が命を落とした大型ハリケーンがもうすぐニューヨークに来るんだよ。お嬢ちゃんは知らないのかい?」と衝撃的な話を聞いた。
数時間後、スーパーマーケットは食料品を買いあさる人たちであふれ、棚からはあらゆる食料品が消えた。エミリアはこの難局を切り抜けることができるのだろうか・・・。

20200404「100時間の夜」

「100時間の夜」
アンナ・ウォルツ著 フレーベル館

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック