足音がやってくる2020年04月15日 15時53分45秒

バーニー少年は、自分だけにしか聞こえない足音に悩まされていた。しかし、このことは誰にも言えない。誰かに話しても、信じてもらえないか、怪奇マンガの読みすぎだと笑われるか、カウンセリングを受けろと言われるだけだ。特に新しい母親のクレアには絶対に話せない。クレアは間もなく出産を控えている。ただでさえ不安定なこの時期、母親に余計な心配をかけさせたくないのだ。すぐ上の姉タビサは弟の異変にいち早く気付き、いろいろと詮索を始める一方、一番上の姉トロイは、弟には全くの関心がない様子。
しかし、やがて少しずつこの一族にまつわる謎が解き明かされていくことになるのだ。

20200415足音がやってくる

「足音がやってくる」
マーガレット・マーヒー著 岩波書店

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック