オペラ座の怪人(6冊目/7冊中)2020年05月23日 12時59分31秒

自分の好きな本を毎日1冊、7日間連続で紹介するイベント、6日目の今日は、

The Phantom of the Opera
オペラ座の怪人
JENNIFER BASSET著

オペラ座の年老いたマネージャーが退職し、新しいマネージャーがやってきた。そこにオペラ座の地下に住むと噂されている怪人から一通の手紙が届く。手紙には、毎月2万フランの報酬、5番ボックス席の永久使用、次回の公演のプリマドンナ(主役)をクリスチーヌにすることなどを要求してきた。しかし、マネージャーはそれらを全て無視。プリマドンナにカルロッタを起用した。彼女が舞台に立ち、観客を美声で酔わせていた時、異常が起きる。

My love begins to-Co-ack!
私の恋は・・・ケロッ!
I cannot forget my-Co-ack!
私は忘れられない・・・ケロッ!

なんと彼女の歌声がカエルの鳴き声になってしまった。

20200523オペラ座の怪人

映画やミュージカルでお馴染みですね。スリルに満ち、豪華絢爛、壮大なスケールの物語のはじまりはじまり\(^^)/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック