印刷職人はなぜ訴えられたのか2020年06月03日 11時58分33秒

アメリカがまだイギリスの植民地だった1730年。当時は女性にも黒人にも選挙権はありませんでした。新しくニューヨークの総督としてイギリスから赴任したコスビーは、自分が儲かるためなら何でもする男。自由に法律を作り変え、裁判官は買収し、それでも反対する裁判官はクビ。自分に批判的な記事を書く新聞社や記者は逮捕。(まるでどこかの国の大統領みたい!)
しかしそんな総督を許さないと立ち上がる人たちがいました。

20200603印刷職人

The Printer's Trial
印刷職人はなぜ訴えられたのか
Gail Jurrow著

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック