密偵(いぬ)2020年07月27日 23時17分11秒

オレの店に突然、昔の犯罪グループの仲間、ファイブがやって来た。「大きなヤマがあるんだ。オレと組まないか?」と小声でささやいた。オレはもう悪の道から足を洗ったのだ。それどころか今は5番街のハンバーガー店のオーナーであり、影ではニューヨーク市警に犯罪グループの情報を流すのがオレのもうひとつの顔なのだ。ファイブはどうやらまだそのことには気が付いてはいないようだが。
ところがオレが仕事を断ると言ったら「それなら、昔お前が裏切ったスナイパーのセブンに、お前の居場所を伝えるぞ。奴はきっとお前を殺しに来るだろう」と脅してきた。困った、今回だけはファイブと組むか、それとも先にセブンを見つけ、ニューヨーク市警に始末させようか・・

鬼平犯科帳の舞台を江戸からニューヨークに移すとオーシャンズ11みたいになるなぁ(笑)。

20200728密偵

密偵(いぬ)
池波正太郎著

コメント

_ ゆきだるま ― 2020年07月29日 10時06分11秒

鬼平犯科帳は、全巻読み終わったのは、何年前だったかなぁ~、現在はテレビの再放送で楽しんでいます(自粛生活様様です)。

ニューヨークの発想楽しそうです。

_ 釈千手 ― 2020年07月30日 17時04分56秒

ゆきだるまさん
私が池波正太郎を読んだというと、あちこちから「私も大ファンです」「作品はほとんど読んでいます」という声をたくさん寄せていただいています。改めてファンの多さを感じているところです。
本当に展開が面白く、文体も読みやすいですね~!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック