足をどかしてくれませんか2021年01月14日 10時49分18秒

「女性は人前に出る時は化粧をするのが身だしなみ」「美しい足を強調するために職場ではハイヒールを履くように」「男性のアナウンサーはメガネでも良いが、女子アナはメガネをかけてはダメ」・・・そんな社会(男性)からの圧力をはねのけるために韓国で始まった「脱コルセット運動」。多くの女性が長い髪を切り、メガネをかけ、ブラを外し、おしゃれな服を燃やした。しかし、化粧や、ファッション、ダイエットを全否定しなければダメという発想そのものが女性に対する新たなコルセット(社会的圧力)になっているのではないかという指摘もある。活動家のイ・ミンギョンは、「脱コルセット運動の闘争相手は自分自身だ」と結論付けた。
タイトルの「足をどかしてくれませんか」は世の中の多くの男性が、女性たちを(無意識のうちに)押さえつけているその足をどかしなさい!という意味のことばだそうです。男性の皆さん、ぜひご一読を。

20210114足をどかしてくれませんか

「足をどかしてくれませんか。」
林香里編 亜紀書房

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私は○○通訳士。漢字二文字でお答えください。

コメント:

トラックバック