感情移入ができない(笑)2017年04月19日 21時54分22秒

今日は新国立劇場でオペラ「オテロ」を観てきました。
最初、4列3番の席に着いたら、意外と舞台に近い席でした。これならまぁまぁだなぁと思ったらそこは3階の4列3番でした。いや私の席は4階ですからさらにもう1階上ですね(笑)。

0419新国立劇場

さて、私はいつも劇場には開場時間に入るようにしています。開演前にオーケストラピットのチューニングや練習を聴くのが大好きなんです。

ところで今日、ひとつ気がついたことがあります。一幕が終わると会場から拍手が起きますよね。以前は前は幕が下りる途中から拍手が始まっていたとような気がするのですが、今日は幕が下まで降りてから拍手が起こりました。何かいつもと感じが違うなぁと思ったらプログラムに「幕切れの音楽までお聴き逃しになりませんよう、拍手は最後の音が止むまでお待ちください」と書いてありました。これって前からありましたか?私は初めて気が付きました。

0419オテロ

最終幕でいよいよ主人公オテロが死ぬシーンになると、隣の席の中高年の女性が鼻をすすり出しました。最初は花粉症?と思っていたのですが、どうやら悲しくて泣いているようでした。えっ!ここで泣く?オテロが自殺するのは400年前からわかっていることですよね(笑)。でもそうやって感情移入できるってことは、逆に羨ましいとも思いました。

オテロは簡単に言えば「海軍司令官という立場にある人が、悪人に『あなたの妻は浮気をしている』と言われ鵜呑みにして、妻を殺し、それが嘘だとわかり最後は自殺する」という愚かな男の話←シェークスピアさんゴメンナサイm(__)m「恋は盲目」ということなのかもしれませんが、私はあまり主人公オテロには共感できないなぁ(笑)。何だか隣で泣かれるとちょっと白けてしまう自分がいました。
それよりも水の中で倒れて歌うシーンに「濡れて冷たくないのかな?」とか「倒れて横になっていても腹式呼吸であんな大きな声が出るのは、さすがプロのオペラ歌手は違うなぁ!」などと考え、どこか冷めている私なのです。

さて、さっきまで涙を流していたお隣のご婦人ですが、幕が下りると1回目のカーテンコールの途中でさっさと帰って行きました。オテロの死に感動して涙し、幕が閉じたら「出口が混む前にさっさと帰りましょう」という感じです。さすが、女の人の切り換えの速さには脱帽ですね~(笑)。

ヤング101(笑)?2017年03月03日 22時18分22秒

私の知人がミュージカルに出演するというので応援に行ってきました。

0303ミュージカル

最近、私が大好きだったNHKのヤング101というグループが、30年以上の歳月を経て再びステージに立っていますが、それを彷彿させるような歌とダンスでした。
私の知人も見事な歌声を披露してくれましたよ。Kさん、出演者、スタッフの皆さん、今日は素敵な舞台をありがとうございました。

逆から仕上げていく!?2017年01月24日 23時10分43秒

銀座の画廊へ行き、日本ガラス絵協会展を見てきました。
今回、私の知人の中城芳裕先生は2つの作品を出展しています。
『ゴキゲンヨウ」は脱皮・殻を破るがテーマですね。ていねいにおじぎをしているセーラー服の女の子は再会?または新しい出会いを表現しているのでしょうか?
先生ご自身からは「思春期のヒヨコ女の子はやがて母親鶏になり、また幼かった自分自身に逢える・・・(ヒヨコ、母鶏、卵の)三者は同一で、転生のように観て頂ければ」というメッセージをいただきました。なるほど!
もうひとつの「イイカンジヨ」は鳥の翼が力強さや自由への躍動が感じられました。2作品とも今年の干支、鳥がテーマですね。
先生の解説によると「母天使は息子天使が力まずに飛べた、ゆるやかな様子を『いい感じよ』とほめているのだそうです。

0124ガラス展

それ以外の作品で私が印象に残ったのは、ランの花のディーテイルが描かれている川口文子さんの「憧景」です。細かい描写は、本物以上に本物らしかったです。もうひとつは山尾才さんの作品。ひとつの果実の中に世の中の全ての色がぎゅっと詰まったような洋梨が印象的でした。

私は全く知らなかったのですがガラス絵って、ガラスの内側から絵を描くので通常の絵とは全く反対に仕上げの線から描き始めて最後は背景になるベースの色を描くのだそうです。
それって例えば結末から小説を書き始めるようなものですよね。きっと緻密な計算と計画が必要なんでしょうね。
中城先生、日本ガラス絵協会の皆さん、今日は素敵な作品を本当にありがとうございました。ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。

働いている人には不利にかなぁ2016年12月20日 20時03分54秒

私はときどきオペラやバレエを観に新国立劇場へ行きます。その時はほとんどZ席です。S席2万7000円のオペラもバレエも、4階Z席なら1620円で観る事ができます。とってもお得ですね。

1219オペラパレス

ところが2016/17シーズンからはZ 席の事前の申し込みができなくなり、販売は当日の朝10時からのみとなりました。これって働いている人には圧倒的に不利ですよね。果して今シーズンは何回観られるでしょうか?

カッパ風で2016年12月17日 22時34分15秒

今朝、「今日は仕事へ行く前に羽子板市へ寄ってくる」と話をしたら、妻が「えっ、羽子板市ってこれからなの?もう終わっているのかと思っていた」と言います。おいおい一体私の妻を何年やっているの(笑)?
すると今度は次女が「えっ、もう羽子板市なの?私2月ぐらいかと思っていた」と言いました。おいおい一体私の娘を何年やっているの(笑)?
年の瀬の風物詩羽子板市は、毎年曜日に関係なく12月17日、18日、19日と決まってますからね。

1217羽子板市

羽子板市に行くと私はときどき羽子板に似顔絵を描いてもらいます。
今回描いていただいた先生はとってもお話し好きな方です。昔、浅草の辺りはね、女学校の帰りにねなどと楽しくお話しをしながら描いていただきました。

1217似顔絵

いよいよ描き終わる頃にお名前をお聞きしたら「私はカッパ絵画家の萩原楽一の娘、二代目萩原楽一と言います」と。えっ!あの色っぽいカッパ絵で有名な楽一先生の娘さんでしたか!「それならカッパ風の似顔絵を描いていただけば良かったですね」と私が言うと「あぁ、そういう絵もありますね」と言って二人で笑いました。
楽一先生、今日は素敵な似顔絵をありがとうございました。

自信があります2016年12月08日 21時49分12秒

私がISETANチェックが好きなことを知っている友人が、こんな素敵なものをプレゼントをしてくれました。

1208マクミランISETAN

ISETAN柄のルービック・キューブです。
でも、始めたものの完成(復元)させられない自信があります(笑)。

スタバの後ろ姿(笑)?2016年12月03日 22時26分02秒

今日は相模原市へお伺いしました。
「向かいの会館では私たち市内の障がい者が作った作品展をやっていますから、是非見てください」と連絡をいただいていたので、早めに会場に到着しました。

1203障がい者作品展

午前中だったのでまだ準備の途中でしたが、どの作品も細かいところまで手を抜かず、妥協をせず素晴らしい力作ばかりです。

1203力作揃い

面白い作品を見つけましたよ。
状差しなんですが・・・

1203スタバの後ろ姿

スタバのシンボルマークの後ろ姿なんて初めて見ました(笑)。
皆さん、今日は素晴らしい作品をありがとうございました。