まるで京都に来たような(笑)2018年02月20日 21時57分26秒

今日は新宿の小田急百貨店で仕事でしたので、昼食は催事場で行われていた「京都の老舗めぐり」へ行ってきました。

いろいろな美味しい物が並んでいるのですが、先ずはランチを探しました。イートイン・コーナーで私が選んだのはのどぐろラーメンです。

20180220のどぐろラーメン

私も知らなかったのですが、京都もまたラーメン激戦区なのだそうです。チャーシュー、シナチク、煮たまご、どれも美味しかったのですが、スープだけはちょっと濃かったかな?拳ラーメンさんごちそうさまでした。

その後、何か甘いものと思いブラブラしているとイノダコーヒ(コーヒーではないのですね!)いかにも京都の老舗喫茶店とう風格です。ただ、ここでコーヒーというのももったいないと思いみたらし団子を食べることに。

20180220みたらし団子

皆さん、東京と京都のみたらし団子の違いってわかりますか。そう、東京の団子は一串4個なのに対して、京都はだいたい一串5個の店が多いです。
「なぜ5個なのか?」「そもそもなせみたらし=御手洗団子と言うのか?」については長くなりそうなのでここでは説明しませんが、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。古都香さん、ごちそうさまでした。

会場には京都のお店から来ている方も多いようで、呼び込みの声もお店の人同士の会話も京都弁です。360度の京都弁に囲まれていると、ここは京都なのかな?と錯覚してしまいそうです(笑)。

恐るべし高崎観音(笑)2018年02月15日 17時14分33秒

群馬県にある高崎観音ではバレンタイン・デーの2月14日から、ホワイト・デーの3月14日までの1ヶ月間、観音様の小指と自分の小指を赤い糸で結ぶ「良縁祈願祭」が行われています。

20180215赤い糸祈願祭

今日高崎の手話教室の生徒さんに「昔からあるのですか?」とお聞きしたら皆さん「いいえ、私たちが若い頃は、観音様は女性でやきもち焼き。一緒に行ったカップルは必ず別れるから決してデートで行ってはいけない場所と言われていましたよ」とのこと(笑)。いつから縁結びに変わった?恐るべし高崎観音(^^;
皆さんも良縁を求めて高崎へGo❤

金沢21世紀美術館2018年02月12日 22時03分17秒

昨日の続きです。
昼食後は4人ずつ2チームに分かれて観光へ。
私たちは21世紀美術館に行きました。ここは建物が丸い形をしているので通称「まるびー」というのだそうです。

<レアンドロのプール>
この美術館のハイライトです。プールの中を歩いてきました(笑)。↓

20180211レアンドロのプール

<アニッシュ・カプーア>
この卵は浮いているのか?くぼんでいるのか?これもアートです。

<ブルー・プラネット・スカイ>
えっ!ただ天井が四角く切り取られた部屋?いえいえ、これもアートですよ(^^;

<もったいないパフェ>
今回の楽しみのひとつでした。ワインを作る過程で出たブドウの皮を使ったデザート。九谷焼の器も素敵でした。ごちそうさま。↓

20180211もったいないパフェ

<マイケル・リンの市民ギャラリー>
これも私が楽しみにしていた展示のひとつでしたが、残念ながら現在メンテナンスのために閉場中、再開場については未定だそうです(涙)。

<オラファーのカラー・アクティヴィティ・ハウス>
イエロー、シアン、マゼンダ。この3色で世の中にある色は全て表現できるのです。↓

20180211カラー・アクティヴぃティ・ハウス

<ピピロッティ・あなたは自分を再生する>
まるびーではトイレも立派なアートです。室内には血液循環、涙、排泄機能によって体が浄化されるシステムをたたえた映像が流れます。

<ヤンの雲を測る男>
独房で鳥類学者になった実在の囚人の言葉にインスピレーションを得て作られました。夢のある作品でした。

入場まで50分待ちでしたが、それでも見て良かったと思いました。皆さんも金沢にお出掛けの際には是非訪れてみてくださいね。

雪の金沢兼六園2018年02月11日 22時22分54秒

友人8人で、雪の金沢へ行きました。
今年、日本列島の日本海側は何十年に一度の大雪に見舞われています。果たして無事に帰ってこれるのか?いろいろな心配をしながらの旅でした。

朝、金沢駅に到着。路線バスに乗ったら運転手さんが「香林坊は、立てばパチンコ、座ればマージャン、歩く姿は千鳥足と言われ、現在は金沢一の大歓楽街です。」とまるで観光バスのガイドさんのようにあちこちの観光案内をしてくれました。面白いですね。

20180211兼六園

兼六園では、手話ガイドさんに園内を案内していただきました。スケッチブックに文字も表示しながらのわかりやすく楽しい解説でした。かがやきRのお二人、ありがとうございました。

20180211手話ガイド

さて、その後は近江市場へ行きランチです。どこのお店も混んでいました。30分位並んでやっと入店。みんなは海鮮丼を頼みましたが、私はこのにぎり寿司をいただきました。

20180211近江町市場

普段は回転寿司屋にしか行かない私ですが、ネタは新鮮&肉厚でとても美味しかったです。その後は果物屋さんでジュースを飲んだり、市場をぶらぶら歩いたりしました。誰かが「近江町市場ってきれいなアメ横みたいなところだ」と言っていましたが、本当にそんな感じですね(笑)❗

昼食後は、にし茶屋街に行くメンバーと21世紀美術館へ行くメンバーの2チームに別れました。私は前から行きたいと思っていた21世紀美術館へ行くことにしました。その詳細はまた明日のブログでお知らせしたいと思います。

スバル3602018年02月07日 21時31分23秒

私はこの数年間、高崎(群馬県)で手話を教えていたのですが、都合により3月で教室が終了することになりました。高崎に行くのもあと数回。ということで今日は教室が始まる前に、県立歴史博物館と近代美術館に行ってきました。
お目当ては「昭和なくらし、そしてスバル」という企画展です。

20180207てんとう虫

皆さんは、スバル360という自動車をご存じですか?可愛らしいデザインで「てんとう虫」とか「さぶろく」と呼ばれていました。
フォルクスワーゲンの「かぶと虫」も良いですが、私はスバル360の方が好きでした。

20180207スバル360

昭和のころは、マイカーを購入して家族でドライブに行くというのがひとつの夢でしたね。
会場にはこんな微笑ましいジオラマも!

それ以外にも、三角形のペナントや上に飛び出すトースターなど懐かしいものがたくさん展示されていました。
その中でも私の目が奪われたのは・・・

20180207ネズミ取り

皆さん、わかりますか?
これはネズミ取り器です。中にエサを入れておき、一度中に入るともう二度と出られません。
私の家にはありませんでしたが、私が子どもの頃は誰かの家でネズミが捕まると、「○○ちゃんの家のネズミがかかったらしい」と、あっという間に近所の小学生の間に噂が広まります。
その家に行くと、(ちょっと残酷ではありますが)水を張ったバケツに容器(かご)ごとネズミを沈め溺死させるという形で駆除をします。怖いとか、かわいそうだとか思いながらも必ず見に行った思い出があります。これも今では見られない昭和の1コマですね(笑)。

その後はお隣の県立近代美術館へ行きましたが、ちょっと長くなってしまいましたので、この続きはまた明日。

こういう機会でもないと2017年12月29日 22時49分25秒

地方から来た友人を東京案内。
行きたいところある?と聞くと「スカイツリー!」との返事が返ってきました。

東京中から(私の家のベランダからも)スカイツリーは毎日見えるのに、案外東京人は登らないものですよね(笑)。

今日は天気もよく大勢の観光客が来場していました。
それでも350メートル行きのエレベーターの待ち時間は40分、450メートル行きは待ち時間5分と比較的スムーズに上まで上がれましたよ。
東京の町を眼下に見下ろし、遠くの山々を眺め、スカイレストランでお茶をして、ガラス張りの床を怖ごわ渡りました(笑)。
典型的なスカイツリー観光を楽しみましたよ。

20171229東京スカイツリー

こういう機会でもないとなかなか東京観光はできないものですよね。 クロちゃん、今日はありがとう!

久しぶりに訪れた大島2017年12月27日 21時06分27秒

今日は次女と大島へ。
大島へは高校時代に部活の合宿や、友人とキャンプで何回も来たことがありますが、恐らく30年ぶりぐらいになると思います。
朝、竹芝桟橋からジェット船に乗りました。海上にから浮いて走るために揺れないと言われましたが、さすがに外海に出ると揺れはありますね。たったの2時間で大島に到着。
椿資料館や、カピバラなどがいる動物園を見学した後で昼食会場へ。

20171227あんこ

娘はそこにあった大島あんこ(昔は自分より歳上のお姉さんのことをそう呼んだそうです)の衣裳を借りて記念写真。なかなか様になっていますね❤

20171227あら汁

昼食は金目鯛やサザエ、明日葉など島の郷土料理です。
特に海老が入っているあら汁が美味しくて、私も娘もお代わりをしました。大島の海の幸、ごちそうさまでした。

20171227三原山

その後は、再びバスに乗り三原山へ行きました。私自身とても懐かしい場所なのですが、私の記憶の中にある砂の山は、その後の数回の噴火により溶岩が固まった石の山になっていました。それだけの時間が流れたということなんですよね。

午後2時半のジェット船に乗り、4時半に東京港に到着。仕事の日より早く自宅に帰りました。今回は娘と二人でしたが、暖かくなったらまた家族4人で大島に来たいと思いました。