曲の間のおしゃべりも楽しい2017年07月09日 23時00分49秒

今日の午前中は、小さなカフェで開催される1時間のミニ・コンサートに行ってきました。

演奏が素晴らしいのはもちろんなんですが、途中のおしゃべりも楽しく、このコンサートの魅力のひとつです。

『さて、続いてはラヴェルの作品です。ラヴェルの曲もドビッシーの曲もまるで印象派の絵のような柔らかい感じなのですが、近づいてよく見るとドビッシーの作品はそのまま印象派ですが、ラヴェルの方はもっときっちりと描いてある感じか私にはします。そこで私はお互いの良さを打ち消さないように演奏会ではラヴェルとドビッシーの曲を一緒に弾くことはしないのですが、いつか両方の作品の良さを弾き分けられる演奏家になりたいです』とは本日ピアノを弾いた池山恵未さんのお話でした。深いですね~❤

0709カフコンス

『さて次の曲はピアノとクラリネットのためのソナタです。これはプーラントの晩年の作品で、1963年にアメリカで初演を行う予定でしたが、プーラントの急逝により追悼コンサートになってしまいました。クラリネットはベニー・グッドマンが吹き、ピアノはレナード・バーンスタインが弾きました』とクラリネットの相良麻衣子さんのお話でした。
作曲家のプーラントには申し訳ないのですが、観客としてはきっとグッドマンとバーンスタインの演奏の方が嬉しかったに違いありません。1963年当時25才だった人も現在79才、皆さんその演奏会のことを覚えているでしょうかね。

相良麻衣子さん(クラリネット)、池山恵未さん(ピアノ)、今日は素晴らしい演奏と奥の深いお話をありがとうございました。

武道館から漏れてくる音楽に耳を傾ける2017年07月06日 22時48分11秒

NHK朝ドラ「ひょっこ」
昨日はコンサートに行けなくて泣いている少女にチケットをあげてしまう宗男さんに泣かされ、今朝は、手作りのTシャツを持って東京に来た滋子さん(しかもビートルズの綴りが間違っていた!)に泣かされました。全くNHKさん、あれは朝から反則ですよ(笑)❤

0706武道館

今朝の放送の中で、チケットがない二人が武道館の外で漏れてくる音楽に耳を傾けるというシーンありました。実は私も(ビートルズではありませんが)リアルにその経験があります。コンサートのチケットなんて買えない若い頃は、フォークもニューミュージックも外国人ミュージシャンも、武道館の外で聴きました。でもそれはそれで楽しい思い出\(^^)/

0703中華料理店

さて、今夜は娘1号と二人で晩ごはんでした。夕方娘から「たまには外でラーメンでも食べない?」とのラインが入り、急きょ近所の中華料理店へ行きました。初めて入ったのですが、そこは奥が座敷になっていて妙に落ち着ける店でした。仕事の話題から、食べ物、芸能界(松井一代)ネタまで、他愛のない話をして帰ってきました(笑)!でもこれはこれで私にとっては、かけがえのないひとときだったことでしょうね。

一度席を立ち・・・(笑)2017年06月22日 21時17分35秒

私がたまに行くラーメン屋さん。ここはいつも昭和の懐かしい曲がBGMで店内に流れています。
かぐや姫、聖子ちゃん、オフコース・・・

0622桂花ラーメン

ラーメンを食べ終わって席を立とうとした時に流れてきた曲は・・・
キャンディーズ、「哀愁のシンフォニー」です。わー!こんな曲まで流れるんですね。ランちゃん(伊藤蘭さん)のソロのメロディーがとっても良い曲です。思わず再び席に座り、曲の終わりまで聴いて出てきました(笑)。

ラの音は440Hz?2017年06月05日 22時15分30秒

今読んでいる本に「現在、ラの音は440Hz(ヘルツ)とされているが、モーツアルト時代にはもっと低い音だった」と書いてありました。
えっ!?世界中の赤ちゃんは生まれてくる時に440Hzで泣くから、それが音楽の基点となるA=ラの音になったのでは?ちょっと気になって調べてみました。

0605ラの音

すると確かにラの音は時代と共に変化していることがわかりました。17世紀には370から560Hzの間だったそうです。それが、

415Hz=バロックピッチ 
422Hz=モーツアルトピッチ※1 
430Hz=ベートーベンピッチ 
443Hz=ウィーンフィル 
446Hz=ベルリンフィル※2

となっているそうです。前述の本の中には「時代が暗くなると、人々は明るい音を求めるのでピッチが上がる」とも書いてありました。
私には絶対音感がないので、微妙な違いはわかりませんが、現在日本のほとんどのコンサートホールのピアノは442Hzでチューニングされているとのこと! 
もしかしたら50年後、100年後はラの音が500Hzとか600Hzになっているかもしれませんね~(笑)。

※1=正確には421.6Hz
※2=カラヤン時代

青春のハーモニー2017年06月04日 21時05分03秒

今日は、サイモン&ガーファンクル(S&G)のカバーグループ、ザ・サイド・オブ・ア・ヒルさんのライブに行ってきました。
S&Gと言えば、私の青春時代そのもの。オフコースやユーミンの音楽同様、自分の人生から切り離すことのできない、(ちょっとオーバーですが)体の一部みたいなものです。
私は4ヶ月に一度、四ッ谷のカフェで開かれるこのライブをとても楽しみにしています。

1)雨に負けぬ花(竹中さん&児玉さん)
2)早く家に帰りたい
3)木の葉は緑
4)キャシーの歌
5)アメリカ
ここでYAMAHAのLEX-8から竹中さんのMartinに持ち代えました。 
6)パンキーのジレンマ
7)旧友~ブックエンド
8)NYの少年
9)フィーリング・グルービー

0604マーティン

1)風に吹かれて(松本さん)
2)ハート・インNY
3)真冬の帰り道
4)エミリーエミリー
MC 両陛下が奥沢に来たときのことなど
5)アメリカの歌
6)ミセス・ロビンソン
7)ボクサー
8)明日に架ける橋
9)サウンド・オブ・サイレンス

アンコール
10)スカボロ・フェア
11)アイ・アム・ア・ロック
12)コンドルは飛んでいく

前半、アメリカの中林さんのボーカルにしびれました。三上さんのギターが少し優しくなった気がしました。

松本さんのボブ・ディランのように、中林さんも一曲ぐらいは他の歌手の楽曲を歌っても良いかな?と私は思いますよ。
会場に到着したら三上さんに「新曲を練習しているのですが間に合わなくてすみません」と謝られてしまいました。いえいえ、私はザ・サイド・オブ・ア・ヒルさんのギターとハーモニーが生で聴けるだけで幸せなのですから。

次回のライブも楽しみにしています。

モノトーンからカラーへ2017年05月23日 17時55分04秒

GW前に、手話教室の生徒さんから「四月は君の嘘」という本を勧められました。私は基本的には本は図書館で借ります。この本はコミック(マンガ)なので図書館にはありませんし、1巻から11巻まであるので躊躇していたのですが古本をやっと手に入れることができました。

0524四月は君の嘘

今日読んだのはまだ1巻だけなのですが、人と距離を置く年頃のように思える14才の中学生が期待を裏切るようにお互いの距離を縮めていきます。モノトーンだった主人公の気持ちが次第にカラーへと変化していく描写に、私の気持ちもいつのまにかシンクロしていきました。

「四月は君の嘘」新川直司著 講談社 448円+税

妻とデート2017年05月17日 18時34分57秒

今夜はユーミンのコンサートで東京国際フォーラムに来ています。

0517東京国際フォーラム

妻は「土曜の夜は羽田に来るの」や「カンナ8号線」が好きだと。私はやっぱり「ノーサイド」が聴きたいなぁ。
まもなく開演です!