包まないギョウザ2017年06月23日 22時42分20秒

今日は、夕方になってからは涼しくなりましたが、昼間は暑かったですね。

0623包まないギョウザ

今日の晩ごはんはギョウザでした。でもなんだかいつもと違います・・・?
包まないギョウザですって!ピザのように丸くなっていてナイフで切って食べます。
とっても美味しかったです。ごちそうさまでした!
そしてギョウザにはやっぱりルービーがよく合いますね~\(^^)/

母の薬2017年06月06日 23時23分54秒

母がデイサービスでお世話になっている施設から手紙が届きました。「通所されている方が普段どのような薬を飲んでいるか、施設としても把握しておきたいので薬の名前をお知らせください」という内容でした。

0606母の薬手帳

とてもありがたいことですが、正直私も母がどんな薬を飲んでいるかは知りませんでした。(血圧の薬と緑内症の目薬を点していることは聞いていますが)
これを機に私も母の薬のことをきちんと管理しなくてはと思いました。

献血をしたことありますか?2017年05月29日 22時33分39秒

突然ですが、皆さんは献血をしたことがありますか?

私は今でこそ定期的に病院に通院しているので採血には慣れましたが、昔は苦手でした。
思い出が2つあります。1つは、昔献血ルームの前で勧誘(笑)されて献血をすることに。問診の際に「最近、どこか海外に行かれましたか?」と聞かれました。たまたま東南アジアの旅から帰国したばかりだったのでそう答えると、「ではまた1週間後にお越しください」と言われました。今はどうかわかりませんが、当時は海外渡航者は帰国後すぐの献血はできなかったのですね。
2回目は、これは献血とは言えないかもしれませんが、以前友人の父親が手術をするためにA型の血液が必要という電話が職場にかかってきました。すぐに病院へ行き、私も血を抜き始めたのですが、だんだん胸がドキドキし顔が真っ青になってしまいました。そこですぐに他の病室に運ばれ、点滴を受けてしばらく休んでから自宅に戻ったという不名誉な経験があります。

0529献血

そして現在は血液をサラサラにする薬を飲んでいるために、残念ながら献血はできなくなってしまいました。

ところで私の次女は今日は大学が休みだったので、生まれて初めての献血に行きました。えらいですね~!帰宅した娘に感想を聞いたところ、体重が足りずに鮮血の献血はできなかったそうです。代わりに成分献血(血液中から血小板などの成分だけを抜き取り血液は再び体内へ戻す)をしてきたとのこと。それにしても「体重が足りない(50kg未満)ので献血はできません」なんて一度は言われてみたいものですね(笑)。
娘よ、もう少し体重を重くして社会のお役に立てるよう頑張りなさい(笑)!

甘くて辛いよ(笑)2017年05月24日 22時24分00秒

今日はテレビで阪神対巨人の中継があるから、夕飯は手抜きです(笑)。ごはん、みそ汁、サラダ。それにブタ肉とキャベツの炒めもの。味付けはどうしようかな?

0524チリソース

たまたま冷蔵庫にタイのスイート・チリソースがあったので、それで味付けをしてみました。甘くて少し辛くて意外に美味しい!(と私は思う)
娘たちは「辛さのせいか、口の中がヒリヒリしてしてみそ汁が熱く感じる」と言います。少し入れすぎたかな?皆さんもスイート・チリソースを料理に試してみてくださいね。

父の十三回忌2017年05月21日 21時01分13秒

今日は父の十三回忌の法要を行いました。
ご住職が体調が悪いために、今日は若い僧侶の方がお経を読んでくださいました。最初に「まず今から10分間、私からお話をさせていただきます。その後で20分間お経を読ませていただきます。」と話した後、今日読む3つのお経の内容を噛み砕いて説明してくださいました。耳で聴くだけでは何のことかよくわかりませんが、最初の説明と本(文字)のお陰でお経の内容がよくわかりました。こんな経験は初めて!娘たちもお経がよく理解できたと言っていました。
お寺の皆さま、ご参列くださった皆さま今日は暑い中、お忙しい中、本当にありがとうございました。

0521十三回忌

今後のために、かかった費用を書き記しておきます。
お布施 伍萬圓
食事代 3240円×9人
飲物代 1603円
部屋代 5000円
お花代
(本堂) 3000円
(お墓) 1600円
線香代  200円  合計玖萬伍佰陸拾参圓

妻とデート2017年05月17日 18時34分57秒

今夜はユーミンのコンサートで東京国際フォーラムに来ています。

0517東京国際フォーラム

妻は「土曜の夜は羽田に来るの」や「カンナ8号線」が好きだと。私はやっぱり「ノーサイド」が聴きたいなぁ。
まもなく開演です!

おわりの雪(6冊目/9冊中)2017年05月04日 20時40分48秒

GW期間中に1日1冊、9日間で9冊の本を読破するプロジェクト。
6日目の今日読んだのは、2003年にメデシィス賞を受賞した「おわりの雪」というフランス小説です。

主人公の少年は老人ホームでお年寄りの散歩に付き添う仕事をしている。その時に老人たちから小銭をもらうのだが、雨の日などは誰も散歩にでない日もある。そうなると収入は0だ。またある老人は「今日は小銭がないので明日払うね」と言う。翌日払ってくれる人もいれば、そのまま忘れてしまう老人もいる。少年は帰宅すると一日分の稼ぎの半分を病気で寝ている父親に渡し、残りをトビ(鳥)を買うために貯金をしている。ある日、知り合いから子猫がたくさん生まれたので始末して欲しいと頼まれるが・・・

静かで悲しいお話でした。少年が父親や周りの自然に向ける優しさが、心にしみじみと伝わってきました。

0504清澄庭園

今日は友人10人(5組の夫婦)で都内散歩をしていました。汐留でランチ→浅草まで水上バス→清澄庭園の散策→両国でちゃんこ。そんな中でも隙間の時間にしっかり読書タイムは確保する私でした(笑)!

0504バービーズ

0504水上バスホタルナ号

0504清澄散策

「おわりの雪」ユーベル・マンガレリ著 白水社